ジムニー カルタスGTI用 シリコンプラグコード交換

NGKプラグコードが劣化したのか不明ですが
アイドリングが安定しない、加速がもっさりしているので
思い切ってシリコンプラグコードにしました。
値段が高価ですが・・・。

カルタスエンジンだと、バルクヘッドにプラグコードが接触するので
振動などでなにかしら劣化したのでしょうか・・・
外したらプラグコードが削れていました。

永井電子 ウルトラシリコンプラグコードですが
コード自体に気筒番号が振られていません。
取り外したプラグコードと長さを比べて慎重に取り付けます。
間違えると、エンジンは始動しますが、点火時期が狂うのでエンジンが息つきます。

IMG_5102.JPG

取り付け後ですが、ミッション上げないと交換が出来ないので
ついでにデスビキャップの点検清掃もしておきました。

交換後はエンジンの振動が僅かに減った気がします。
まだまだ頑張ってくれG13B!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント